会社概要

私たち日本郵政の宿泊事業部は、日本郵政グループの持株会社である日本郵政の事業部です。主に、全国50カ所に及ぶ「かんぽの宿」を管理・運営しています。元々は、簡易保険に加入されている方向けの施設として誕生した経緯がありますが、2007年の郵政民営化以来、どなたでもお気軽に泊まることができる宿へと変わりました。

「人にやさしい宿」を目指す「かんぽの宿」では、施設の多くが全館バリアフリー設計。そして、お風呂やお部屋にはユニバーサルデザインを取り入れています。

かんぽの宿は、日本郵政グループの目指すユニバーサルサービスを宿泊事業の面から実現し、お子さまからご年配の方まで安心してご利用いただける宿として、「心のこもったおもてなし」をモットーに、笑顔とまごころのサービスをお届けしています。

社名

日本郵政株式会社 宿泊事業部

事業内容

【全国の「かんぽの宿」の運営】
・宿泊及び日帰り温泉利用のサービス提供
・レストランでの飲食提供
・売店業務
・宿泊施設・設備の管理・維持
・宿泊施設の運営

宿泊事業部
所在地

〒105-8617
東京都港区新橋6-19-15東京美術倶楽部ビルディング5階

沿革

【1955年】
郵政省が静岡県熱海市に簡易保険加入者福祉施設として
「簡易保険加入者ホーム」を開業。
その後、施設の運営は、1962年から簡易保険福祉事業団、
2003年から日本郵政公社へと継承。

【2007年】
郵政民営化に伴い、日本郵政(株)宿泊事業部が運営を行うこととなり、「かんぽの宿」として「どなたでも気軽にご利用いただける宿」となる。

資本金

3兆5,000億円

売上(単体)

2,808億5,000万円(2018年3月期)

宿数

53か所

問い合わせ先

担当

日本郵政(株)宿泊事業部 人事担当
東京都港区新橋6-19-15 東京美術倶楽部ビルディング5階

交通機関

都営三田線御成門駅から徒歩約2分
都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩約5分
JR山手線新橋駅・浜松町駅から徒歩約10分

E-mail

saiyo@kanponoyado.japanpost.jp

URL

http://www.kanponoyado.japanpost.jp/

ENTRY